職場で楽しめるオフィスコーヒー|空いたスペースに自動販売機を設置

女性

満足できるドリンク

自販機

オフィスコーヒーの会社では、たくさんのコーヒー豆の種類を用意しているので、コーヒー好きの人も満足して利用ができます。また、コーヒー以外にもお茶やホットチョコレートのドリンクも提供するので、多くの人に親しまれています。

詳細

特別な機器

女の人

オフィスコーヒーの会社では、コーヒーなどのドリンクを抽出させるブルーワーと呼ばれる機器を貸し出してくれます。操作もシンプルで洗浄も簡単であるほか、容量なども機器によって選べるのです。

詳細

便利な機能

ペットボトル

オフィスコーヒーの会社が提供する機器は、砂糖やミルクを入れる機能が付いています。自分で混ぜる手間を省き、美味しいコーヒーを作ることができるでしょう。他にも冷たいコーヒーや適温に調整したコーヒーも淹れられます。

詳細

節電による効果

ペットボトル

たくさんの人が働くオフィスに欠かせないのが、コーヒーです。覚醒効果のあるカフェインを多く含むコーヒーは、働く人の眠気を抑えやる気を出させる高い効果をもたらしてくれます。多くのオフィスでは、自動販売機などを設置しています。設置された自動販売機は、缶コーヒーが販売されていることが多いですが、淹れたてのような深い香りと味わいを得られにくいでしょう。そこで、オフィスコーヒーの会社が提供するブルーワーなどの機器が利用できるのです。ブルーワーは、専用のパックを使うことによって、美味しいコーヒーを淹れることができます。お湯によって新鮮な味わいのコーヒーを淹れられるので、格別な味を楽しむことができるでしょう。パック式の機器ならば、コーヒーを機器内部に貯蔵することもないので、汚れずお手入れも簡単です。さらに、砂糖やミルクといったものも入れることができ、温度調整も可能なので、誰でも自分好みのコーヒーが楽しめます。選べるコーヒー豆も数多くあり、オフィスコーヒーの会社ではさらにお茶やホットチョコレートなどの特別なドリンクも楽しめるので、コーヒー好きの人以外にも広く親しまれているのです。

オフィスコーヒーの会社が貸出してくれる機器は、省エネにも貢献してくれます。いつでも美味しいコーヒーが淹れられる機器は、利用したい人が任意のタイミングでコーヒーが飲めるよう、お湯を保温する電力が必要となります。しかし、こうした機器はコーヒーを淹れない間も電力を消費することとなるので、オフィスでの余分な電力消費が負担となるのです。そこで、オフィスコーヒーが提供する機器には省エネ機能が搭載されています。タイマー機能を使用することによって、人が利用する時間にタイマーを合わせ、お湯を沸かせることができます。朝早くの時間帯や業務終了間際などの利用者が少ない時間帯に電源をオフにし、節電を行なうことができます。また、タイマー機能であれば、休日などの人がいない場合の運転もさせずに済むので、余分な電力を浪費させず節電による大きな利益が得られます。